ゲームレビュー

【アサシンクリード ヴァルハラ】レビュー・感想・評価まとめ




アサシンクリードヴァルハラのイメージ画像

こんにちは!ユウキ(@yuuki_kg)です。

 

本記事は、2020年11月12日に発売したゲームソフト【アサシンクリード ヴァルハラ】のレビュー・感想・評価まとめとなっております。

 

購入する予定の人は、ぜひ参考にしてください。

 

他のゲームソフトはこちら

 

【アサシンクリード ヴァルハラ】レビュー・感想・評価まとめ

城門と兵士たち

発売日 2020年11月12日
価格 8400円(税抜)
機種 PS4/PS5/XOne/XSX/PC
ジャンル アクション
メーカー ユービーアイソフト

 

肯定派

  • ストーリーが良く続きが気になる。
  • ボリューム満点。
  • 操作性がスムーズ。
  • グラフィックが向上。
  • キャラクターが魅力的。
  • 探索が楽しい。
  • 世界観が素晴らしい。
  • ハクスラ要素がなくなったことで装備に愛着が湧く。
  • ヴァイキング好きにオススメ。
  • 暗殺ではなくアクション性が強くなった。
  • パリィが面白い。
  • アビリティの実装。
  • ミニゲームが面白い
  • レベル制ではなくなった。
  • 仲間と共闘する襲撃が楽しい。
  • サブクエストが分かりやすい。
  • アップグレードで武器の見た目が変化する。
  • ほとんどの建物に入れる。

 

否定派

  • 規制で出血の表現がない。
  • アサクリのコンセプトと離れている。
  • 爽快感がなくモッサリしている。
  • 一部のマップがクソ。
  • ワールドイベントがつまらない。
  • 拠点開拓が単調。
  • 戦闘がつまらない。
  • ロードが長い。
  • バグが多すぎる。
  • セーブデータが破損した。
  • 鳥が使いにくく、飛ばす意味がない。
  • キャラクリに自由度がない。
  • 船が改造できない。
  • 角笛の音がうるさい。
  • ステルスの劣化。
  • 高所から落ちるとダメージが入る。
  • 登り降りのスピードが遅い。
  • ハクスラ要素が弱くなった。

 

ユウキ
規制やバグのせいで否定的な意見が目立つ作品に。

それにしても相変わらずユービーアイはバグが多いですね~、オープンワールドゲームの宿命でしょうか?(笑)

戦闘は賛否両論とのことです。

 

 

他のゲームソフトはこちら

 

-ゲームレビュー

© 2020 カネノナルゲームブログ Powered by AFFINGER5