ゲームレビュー

【ワンピース ワールドシーカー】感想・レビュー「シリーズ初のオープンワールド・アクションアドベンチャーを体験しよう!」

投稿日:

ワンピースワールドシーカー起動

 

こんにちは!ユウキ(@yuuki_kg)です。

今回は【ワンピース ワールドシーカー】をプレイした感想、レビューについて紹介していきたいと思います。

本作は、人気マンガ・アニメ「ワンピース」を題材とした、アクションアドベンチャーゲームとなっております。

 

ユウキ
筆者はワンピファンなので単行本は全巻持ってます。

あとアニメも毎週見てるよ~

 

作品情報

  • 対応機種 PS4
  • ジャンル アクションアドベンチャー
  • 価格 7600円
  • プレイ人数 1人
  • CERO B(12歳以上対象)

 

ルフィを操作してジェイルアイランドを自由に冒険しよう

ワールドシーカーオープニング

 

今作はシリーズ初となる、オープンワールドタイプのアクションアドベンチャーゲームとなっており、監獄塔「ジェイルアイランド」を舞台に、ルフィを操作して「探索」「バトル」を楽しみながらストーリーを進めていきます。

またグラフィックや作画に関しても過去最高レベルであり、臨場感あふれるワンピースの世界観を味わうことができます。

 

採取

 

「農地」「鉱山」「市場」などの様々なフィールドでは、いたるところで素材の採取が可能です。

もちろん宝箱も大量に設置されており、豊富な収集・探索要素で、冒険心をくすぐられます。

 

ゴムゴムのUFO

 

移動手段は、ゴムゴムのロケットとUFOのゴムアクション!

広大なフィールドを縦横無尽に飛び回る爽快感は、某アニメやアメコミヒーローのワイヤーアクションも顔負けですね(笑)

 

見聞色・武装色・覇王色、3種類の覇気を使いこなせ

見聞色の覇気

 

見聞色の覇気を発動すると、周辺の敵の位置や宝箱の位置を特定することができます。

戦闘では2つのモードを切り替えて戦うことが可能で、武装色モードでは攻撃範囲が広がる他、武装硬化を使ったガードアクションが使用できます。

 

覇王色の覇気

 

覇王色の覇気は、周辺にいる雑魚敵を一瞬で掃討し、体力の多い敵はスタン状態となります。

 

レッドホーク

 

ちなみに必殺技は、火拳銃(レッドホーク)や象銃乱打(エレファントガトリング)などが用意されており、ド派手な演出と共に繰り出すことができますよ。

 

ギア4

 

またストーリーを進めることで、ギア4「バウンドマン(弾む男)」となり、大蛇砲(カルヴァリン)や猿王群鴉砲(コングオルガン)などといった無敵の攻撃アクションを繰り出します。

もちろん飛行も可能ですが、時間切れになると一定時間、行動不能になってしまいます。

原作を忠実に再現していますね。

 

ユウキ
ところでコングオルガンってどういう仕組みになってるんだろ?

腕増えてますやん(笑)

 

新感覚、JETピストルを使った狙撃アクション

JETピストル

 

恐らくシリーズ初と思われますが、遠距離からJETピストルを使って敵を狙い撃つという、シューティング要素が加わりました。

また敵の頭に命中させることで、クリティカルヒットとなるヘッドショットの概念もあり、戦闘中は頻繁に使用します。

威力も高いため、移動中にフィールドで遭遇する敵は、全てJETピストルで処理している方も多いと思われます。

ルフィの従来のアクションは近接格闘が多いため、マンネリ対策として実装されたんでしょうかね?

 

装備品やスキル習得でルフィを強化

装備

 

装備品はサイドミッションで入手する他、素材を消費し合成することで作成可能です。

最大で3つまで装備することができ、体力・攻撃力・防御力などを強化できます。

 

スキルを習得

 

スキルも様々なものが用意されており、ミッションクリアで入手できるスキルポイントを消費することで、必殺技やアクション、ステータス強化などのスキル習得が可能となっています。

探索に特化させるか、それとも戦闘に特化させるか、自分のプレイスタイルに合った育成をしましょう。

 

海軍大将やCP0に加え、ジェルマ66やサボなどの人気キャラクターたちが集結

藤虎登場

 

ロブルッチ登場

 

ジェルマ66登場

 

海軍大将からは黄猿、藤虎などがボスとして登場します。

CP0からはロブ・ルッチ、ジェルマ66はイチジ、ニジ、ヨンジがボスとして初登場ですね。

難易度によりますが、かなり手強いので苦戦必至ですよ(笑)いやマジで・・・

 

サボ登場

 

サボに関してはイベントでのみの登場となっており、少し残念に思います。

 

ユウキ
あ、スモーカーとたしぎも序盤のボスとして登場してました←オマケ扱い

 

筆者がプレイして気になったところ

残念ながら戦闘に関しては酷評させていただきます。

というのも、遠距離攻撃を除けば戦闘が絶望的につまらないんですよね。

戦闘をつまらなくしている要因は複数あるのですが、1つ目はダウン中の敵に追い打ちができないことです。

一番酷いのはダッシュ攻撃(1ヒット)→敵ダウン→敵が起きるまで待つ、このパターンですね。

例えば武装色モードでの攻撃は基本的に3連続なので、攻撃が3回ヒットする度にいちいち敵が起き上がるのを待つという、なんともマヌケな構図になっています(笑)

爽快感がまるで皆無、ストレスが半端ないのです。

 

2つ目は、敵の遠距離攻撃が多すぎることです。

恐らく敵の半数以上は遠距離タイプであり、とにかく色んな方向から撃たれます(笑)

しかも食らう度に硬直するので、余計にストレスを感じました。

JETピストルといい、ただの遠距離ゲーになっている気がするんですが・・・

 

3つ目は、攻撃の途中でガード・回避ができないことです。

そのため、ボス戦で攻撃を空振ってしまった場合、相手の反撃を防ぐことも避けることもできずに大ダメージを受けてしまう仕様となっています。

要するに操作性が悪すぎるんですよね。

プレイヤーの思考と操作キャラの動きがズレまくっている典型的なダメアクションなのです。

これではせっかくの剃(ソル)と武装硬化ガードも台無しですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

世界観や臨場感、ストーリーは非常に素晴らしいのですが、戦闘の操作性とバランスが悪すぎるため、プレイヤーに過度なストレスがかかっています。

対策としては、遠距離攻撃や必殺技主体での戦闘がメインとなるように、スキルを習得していくことでしょうか。

一番手っ取り早いのは難易度をビギナーに設定することです。

難易度はオプションからいつでも変更できるので、スタンダードで苦戦するようなら思いきって下げてみましょう。

 

こんな方におすすめ

  • アクションは二の次、探索や収集を楽しみたい。
  • ワンピ大好き!とにかくワンピースの世界で冒険したい。
  • 洋ゲー疲れた・・・丁度良いボリュームのオープンワールドがやりたい。

 

他のゲームレビューはこちらから

 

というわけで今回は以上となります、またお会いしましょう!

-ゲームレビュー

Copyright© カネノナルゲームブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.