ゲーム雑記

【悲報】PS4のポリコレ規制、今もなお継続中!

アイキャッチ

 

こんにちは!ユウキ(@yuuki_kg)です。

 

みなさん「ポリコレ」という言葉をご存知でしょうか?

 

「ポリティカル・コレクトネス」の略称であり、ポリコレ規制というのは簡単に言えば性的、卑猥な表現の規制を意味します。

 

このポリコレ規制の影響を最も受けているゲーム機が、PS4というわけですね。

 

規制をかけているのはソニー(PS4)のみ

とあるギャルゲーのスペック

ラズベリーキューブ公式サイトhttps://imel.co.jp/raspberry/

 

上記の画像は、来月発売予定の新作ギャルゲー「ラズベリーキューブ」のスペック一覧なのですが、CEROの部分にご注目。

 

  • Nintendou Switch D (17歳以上)
  • PS4 C (15歳以上)

 

なんとスイッチの方が対象年齢が上なんです。

 

ユウキ
数年前の任天堂では考えられないことだよね~。(笑)

 

要するに「スイッチ版はオリジナルに近い内容となっていますが、PS4版では一部のCGが規制により修正、または削除されていますよ」っていうお話ですね。

 

CGに規制がかかるとどうなるの?

極端な例ですが、下記の画像のような感じになります。

規制のかかったイベントCG

 

何も見えんわ!(笑)

 

ちなみに上記の画像は、去年発売されたPS4専用ソフト「ゆらぎ荘の幽奈さん 湯けむり迷宮」のミニゲーム中に表示されるCGです。

 

ほぼ全てのミニゲームCGが、このような露骨な規制の対象となっていました。

 

いわゆる「謎の光」ってやつです。

 

当時ネット上では「ソニーレイ」などと呼ばれ、ネタにされていました。(笑)

 

これでは一部の紳士的ユーザーの人たちや、特にデベロッパー(開発業者)にとっては大打撃ですよね。

 

直接売上に響いてくるわけですから・・・

 

今はまだスイッチという逃げ道がありますが、それもいつまで持つことやら。

 

これからもポリコレ規制は続いていく?

まぁ続いていくでしょうね。

 

というのも、ソニーのゲーム部門はアメリカに移転しており、本社がカリフォルニア州なのです。

 

当然、上記のような未成年の少女が登場するコンテンツは、児童ポルノと見なされる可能性が非常に高く、規制の対象となってしまうわけですね。

 

ちなみに日本は「児童ポルノ後進国」と呼ばれているくらいなので気付かないと思いますが、世界的に児童ポルノ所持は重罪です。

 

将来、日本から美少女キャラクターがいなくなってしまう日が来るかもしれませんね。

 

ユウキ
PS4から閃乱カグラが消えた原因はこれです。

 

-ゲーム雑記

© 2020 カネノナルゲームブログ Powered by AFFINGER5